ブラジル セラード サリトレ(焙煎豆 200g)

ブラジル セラード サリトレ(焙煎豆)
200g ¥ 2,300
香り☆ 甘味☆ 酸味◎ コク○ 苦味○ バランス☆ ミルク○
【焙煎:浅煎り】

CUP NA部門 2023 優勝!!
メイプルシロップやバニラの香りとキャラメルやベリー系の甘味とスパイシーな余韻!!

2023年Cup of Progressive Cerrad Natural部門 1位
Maria Soraia(マリア・ソライア)氏



農 園 名 :Salitre(サリトレ農園)
生 産 者 :Maria Soraia(マリア・ソライア)
生 産 地 :Minas Gerais州salitre
(ブラジル ミナスジェライス州セアーラ)
栽培品種:Arara
標  高:1150m
栽培面積 : 20ha
開花時期:9月
収穫時期:7月
精製処理:Natural
輸入規格:20kg木箱


マリア・ソライア氏の一族はポルトガルにルーツを持つ。彼女の祖先はより良い条件の生活を子孫に保障するため、ブラジルまで船で来ることを決断した。彼らは現在のセラード地域と呼ばれるエリアにあたる、ミナスジェライス州の町、セーハ・ド・サリトレに移り住むことを選んだ。マリア・ソライア氏はこの町で生まれ育ち、今日まで暮らしている。およそ40年以上前、彼女の叔父たちはコーヒー生産に専念する事を決心し、一族のコーヒー栽培の歴史が始まった。そして、彼女と息子が力を合わせ祖先が選んだ土地を大事に引継ぎ、愛情をもってコーヒー栽培を続けている。コーヒーへの情熱が彼女の生産へのモチベーションとなっている。彼女たちの土地は気候とコーヒー生産に適した標高の条件が整っていることから優れた品質のコーヒー生産が可能になる。現在、サリトレ農園とジャクー農園の2つの農園でコーヒー生産を行っている。これら2つの農園は、完熟豆のみを選択した収穫を行い、収穫後のプロセスを行う倉庫や温室、そしてコンクリートのパテオと網棚式の乾燥所があり、品質に対する取り組みが日々行われている。しかしながら、品質の良いコーヒーが出来るのは、全て環境基準に従事し、生産管理などを行う専門家のおかげでである。実際にコーヒーを飲む消費者や生産地の自然環境についても配慮することで、コンテストで継続的に良い結果を得られるまでに成長することが出来た。絶え間ない努力のおかげで、マリア・ソライア氏は幼少期の生産者になるという夢を叶えるだけでなく、愛する農場を子供たちに引き継ぐことができた。コーヒーと共に、セラード地域全体が成長し、情熱と敬意を持って生産された高品質のコーヒーが世界に広く認識されるようになり多くの成果をもたらした。現在、彼女は女性生産者の代表として、セラード地域の女性生産者プログラムにも積極的に活動している。



※ご希望のお届け内容を備考欄にご記入ください。
(□豆のまま □豆をお挽きする 豆の挽き具合:粗挽き 中粗挽き 中挽き 中細挽き 細挽き)
そのほか、コーヒー抽出器具等もわかればご記入ください。



ブラジル セラード サリトレ(焙煎豆)
200g ¥ 2,300
販売価格
2,300円(内税)
ご希望のお届け内容
購入数